MENU
アーカイブ
ブログ移行作業中です

言いたいことを言わずに拗らせている話

その人は、
とあるセミナーの宿題で
「すごいところを教えて欲しい」
(素晴らしいところ、とか
 いいところ、とではなく)
と連絡してきた。

私は思ったことをそのまま返信した。
「よくも悪くもマイペースなとこ」って。

個人的には、
マイペースは羨ましい
(でも自分では当時できなかった)
ところだったのだけれど、

その人はそれを見て怒った。
「そんなこと他人に言うもんじゃないよ」
とお叱りの返信付きで。

当時、その人にとって
「マイペース」は地雷で
自分のダメなところとして
捉えていたのだろう。

ただ、こっちとしては、
協力したのに怒られるって
すんごく不快で。
心の中でそっと距離を置いた。

  • そんな彼女、今となっては
    「マイペースに生きること」をウリにして
    ヒーラーやっている。
    私に指摘したことなんて忘れてるんだろうな。

その人は、私が退職した時に
傷病手当金をもらうことになった時も、

神経症かグレーなところを
お医者さんの配慮で休めることになった。
と言う話をしたら
「そんなイリーガルなことするなんて!」
って言われたっけ。。。

ガッツリうつ病になってから
休んだ方が良かった?

  • ガッツリうつ病になってからだと
    再起するまでもっと大変だっただろうから、
    当時の私の選択は正しかったと思う。

いずれにせよ、
本人には悪気はなくて、
正しいと思ったことを
そのまま言っただけなんだろうけど。

でもまぁ、
私的には傷ついたことは事実なわけで。

だから、
その後彼女がイベントをする時にも
参加する気になれなくて、
応援メッセージだけを送った。

後日、
「みんな思ったより冷たかった」
って話をされた。

本人は「今に生きる」って言って
過去にしたことを忘れてるけど、
こっちは忘れてないからなぁ。

いや、まぁ、その時に
私も言い返すなりなんなりしてないから、
私が傷ついてたなんて
気づいてもいないのかもしれないけど。

私以外にもイベントに
非協力的な人がいたってことは、
きっと、その人たちにも
何かしらやっちゃってたんだろうね。

その人から「なんで来なかったの?」と
若干責めるように言われて、
とっさに「嫉妬してたから…?」と
相手の気分を害さないような
(「自分の気持ちのせいだよ」というような)
返事をしたことは
後から失敗したなと思ってる。

あの時正直に言っておけばよかった。

「過去にあなたの発言で
 嫌な思いをしたからだよ」って。

私もまだまだ言いたいこと言えてないなぁ。

でもまぁ、ブログに吐き出せただけ
個人的には一歩前進かな。

この思い、いつか成仏しますように(-人-)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次