MENU
アーカイブ
ブログ移行作業中です

“イジメや虐待がなくても自信がなく不幸になる理由!「何もしてもらえないこと」が自信のなさにつながる”

当ページのリンクには広告が含まれています。

斎藤芳乃さんのブログを読んで
すごく腹落ちしたのでシェアします。

https://ameblo.jp/yoshinosaito/entry-12186824861.html

これまで
心のことを勉強して、

過去に置いてけぼりにしてきた
自分のキモチをすくい上げて
癒してきたのですが、

それでも何か
残っているものを感じてきました。

その理由が、
このブログを読んで
分かったような気がします。

ブログの中の

「私はやってもらえない人間なんだ」

「スルーされた」

https://ameblo.jp/yoshinosaito/entry-12186824861.html

この言葉にハッとして、
ボロボロ涙が出てきたんですよね。

思い返せば、
そんな風に思ってしまう場面を
ずっとずっと見続けてきてたんです。

ホントに昔のことだと、

保育園時代、
私だけスカートめくりされなかったとか

(些細なことだし、されない方が
本当はいいことなのですが(笑)

当時の私は
女の子としてみられていない…、
と感じていたんですね)、

親戚の集まりで
従姉達の輪に入れない…
と感じていたこと

(我が家だけ
物理的に距離が離れていて、
話題が合わなかった)、

小学校で片思いの男子がいる
仲良しグループに入れず、
その男子と仲のいい女子に自慢されたり。

中学では修学旅行の夜、
私が寝ている横で
カップルがHを始めようとしたり( ̄ー ̄;

(途中で耐えられなくなり、
逃げて先生の部屋に駆け込んだ)、

高校でも部活で一緒に練習する3人のうち
私以外の2人がカップルになり
1人で練習することになったり、

大学でも、
友人宅でホームパーティーの後、
私が寝てる隣でイチャイチャ始めたり
(とにかく気づかないフリするしかなく…orz)。

会社に入ってからも、
自分にはただの仕事仲間として
接している同期の男性達が、

別の女性同期には
すごく優しかったり、
彼女ができて結婚して
今まで見せたことのない顔をしているのを見て、

女性扱いされてない自分を
意識してしまったりもしました。

恋愛を振り返ると、

片思いが多くて、
自分から動く動かないに関わらず、
好きになった男性とは友達止まり。
彼らは私ではない別の女性を選んでいく。

そんなシーンを何度も何度も見てきました。

普通に友達と接している男性も、
別の女性にはちやほやしてたり、
特別に優しかったり。

そんな様子が視界に入り、

マイナスな関わりもされないけれど
「プラスな態度をされない自分」
いつも感じていました。

そして、いつの間にか
「私は空気みたいなものなんだ。
 いてもいなくても関係ない存在なんだな。」
そんな風に思っていました。

私の周りの人たちは
どんどん幸せになっていくのに
私だけ置いてけぼり。

終いには、
「私に関わった人は幸せになるのよ♪」
みたいに思っていましたが、

無意識では、
態度に差があること、
女性として見られない扱われないと感じて、
ずっとずっと傷ついていた…

そのことに、
やっと気づくことができました。

ブログの中の

「何もされないということが本当に苦しかった。
私も褒められたかったし、同じようにしてもらいたかった。
あの人と同じようにしてもらえない自分に価値を感じられず、
頑張っても頑張っても何もないように思えても仕方がなかったよね。」

https://ameblo.jp/yoshinosaito/entry-12186824861.html

という言葉を
繰り返し自分にかけてあげようと思います。

Chikaでした (v v*)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや心理系、自己啓発に500万円以上使った人。

目次