MENU
アーカイブ
ブログ移行作業中です

思い通りにいかない理由は、いつも後から分かる

何かが思い通りにいかない。

その最中はとても苦しいし、
「なんで上手くいかないの!?」と
イライラしたり悲しくなったりする。

でも、その答えはいつも後から分かる。

私の例を出してみると、

恋愛では、
彼氏できない歴15年の期間があった。

その間、好きになった人は何人もいる。
でも、いつも上手くいかなかった。

好きになった人と付き合えない。
私に告白してくれる人も皆無。

めちゃくちゃ悩んだし、落ち込んだ。

でも、夫と出会ってから分かった。

15年間上手くいかなくて良かったんだって。

私が私自身を
大事にできるようになったタイミングで、
そんな私を「いい」と思ってくれる人と出会えた。

これより前のタイミングだったら、
今の夫でなかったら、
きっと、こんなに穏やかな
結婚生活はできていなかったと思う。

image

ちなみに、その夫は
昔、私が列挙した「理想の男性像」から
外れている(思い通りでない)部分がいくつかある。

出会って初期の頃は、
「理想の男性像」から外れている部分を
残念に思ってたりして(ごめんよ夫)

でも、後から後から、
「理想の男性像」から外れている部分が
「あ、このためだったのか」と思える
出来事が出てきて、

結果的に、
自分が描いた「理想の男性像」以上に
いい男性だと分かってきた。

仕事に関しても、

少し前まで
思い通りにいかないことがあって
人をうらやましく思ったりしていた。

それが、最近になって
急に考えが変わる出来事があって

「あ、あの仕事は
 思い通りにならなくて良かったんだ」

と分かった。

そんな経験を重ねてきたから、

「自分の思い通りにいかない」時も

「あとで何かあるのかも」
「もっといい展開が待っているのかも」

落ち着いていられるようになった。

人生、自分で創っているようで

もっと大きな何かに
動かされて守られているような感じ。

もし、これを読んでいるあなたに
何か「思い通りにいってないこと」があったら、

まずは、お茶とか一息入れながら、
「この先、
 何かいい展開が待ってるのかも?」って
にっこり笑ってみてね照れ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次