MENU
アーカイブ

【停電】実際に役に立った防災グッズとは?

私には過去、2回の被災経験があります。

  • 1回目は2011年3月、東日本大震災。会社の研修で福島県いわき市滞在中のことでした。
  • 2回目は2019年9月、千葉県に大きな被害を出した台風15号。我が家も停電しました。

これらの出来事から、私は日常での備えがいかに大切かを思い知らされました。

この記事では、私のこれまでの経験から、災害にあった時、本当に役に立ったグッズ

なくて後悔して後から買い足したグッズをご紹介します。

目次

LED持ち運びができるあかり

停電した時に最も困るのが明かりがないこと。特に夜、急に停電してしまったらまず焦ります。

私が台風15号で停電にあった時も夜でした。でも、その時は思った以上に落ち着いて行動できたんですね。

それは、この「LED持ち運びができるあかり」があったおかげです。

無印良品
¥6,890 (2021/06/17 13:36時点 | Amazon調べ)

「LED持ち運びができるあかり」は、停電時に自動で明かりが点きます。

東日本大震災以降、我が家では、普段からこれを枕元に置く明かりとして使っていました。

そのため、台風19号で夜中に停電が起きた時も、自動で明かりが点き、それだけでまず安心できたんですね。

さらに、充電台から外して持ち歩くことができます。

台風15号では、我が家は丸1日停電が続きました。トイレに行ったりご飯の準備で台所に行ったりと、暗い中、移動時にあかりを持ち運べるのはとても助かりました。

普段から使えていざという時に頼りになる「LED持ち運びができるあかり」、本当にオススメです!

ヘッドランプ

ヘッドランプは、台風15号で停電した時に、無くて困ったものの1つでした。

停電時、ほとんどの場面では「LED持ち運びができるあかり」や、ラジオに付いている懐中電灯機能で大丈夫でした。

ただ、1つだけ困ったのが料理をする時

あかりを横に置いておくだけでは鍋の中が見えず、火が通っているかどうか、かなり見えにくかったんですね。

イメージ図

この時、「ヘッドランプがあれば…!!」と心底思いました。

他にも、夜、避難所に移動することになった時など、ヘッドランプがあれば両手を空けておくことができ安心です。

そこで、後から購入したヘッドランプがコチラ。

モンベル(mont-bell)
¥2,800 (2021/06/17 13:38時点 | Amazon調べ)

軽さ、防水機能、電池の消費量が少ないことからこの商品を選びました。

試しに、夜、真っ暗な中で使ってみましたが、手元を照らすにはこれで十分でした。

私は暗がりでも見つけやすいよう、色は蛍光グリーンを選択しましたが、他にもカラーバリエーションがありますよ。

個人的なオススメはこの商品ですが、他にも強い光で遠くまで照らせる商品などもあるので、自分にあったヘッドランプを探してみてください☆

携帯ラジオ

停電するとテレビを見ることができません。スマホも連絡用にバッテリーを温存しておく必要があります。そうなると、やはり大事になってくるのが携帯ラジオです。

台風15号の停電時、夫も不在だった私は1人で家で過ごしていました。

その間、携帯ラジオがあったおかげで、ニュースで情報収集をしたり、音楽やトークを聞いて楽しむことができました。

各商品を比較した結果、私が買ったラジオはこれです。

このラジオには、私が欲しい機能が全部ついていました。

  • アナログチューナーのラジオ
  • バッテリー内蔵で、マイクロUSB手回しソーラーパネルで充電可能
  • さらに単三乾電池でも使える
  • スマホの充電ができる(ただし、ソーラー充電以外)
  • LED懐中電灯が付いている
  • イヤホン端子がついている
  • 付属品にストラップ、袋、笛

欲を言えば、これに防水機能がついていたら、さらに良かったかなぁ。。。

購入してから2年が経ちますが、今もばっちり動いてくれる頼もしい存在です。

冷却タオル

私が台風15号で停電を経験したのは9月のこと。まだ暑さが残っている時期でした。

停電でエアコンも扇風機も使えない中、暑さをやわらげてくれたのが冷却タオルです。

Xingmeng
¥999 (2021/06/17 13:42時点 | Amazon調べ)

東日本大震災のあと「3.11は寒い時期だったけれど、もし夏場に災害が起こったら暑さ対策が必要だな…」そう思い購入した冷却タオル。

ある程度の限界はあるけれど、“電気を使わずに冷たくなる”という機能は本当に重宝しました。

家族の人数分は持っておきたいグッズです。

モバイルバッテリー

スマホ用のモバイルバッテリーですが、これはすでに持っている人も多いかもしれませんね。

台風15号の時には、我が家は丸1日で停電から回復しましたが、それでもモバイルバッテリーの存在は心強かったです。

個人的には、①2回分以上の充電ができる②急速充電が可能、の2点を満たすモノがいいと思っています。

私が買った商品は、古いためかもう見当たらなかったので、Amazonでの売れ筋商品をご紹介しておきます。

台風15号で停電が起こった時も、スマホで身内と連絡が取れたり、情報収集できてかなり助かりました。

私の場合、当時スマホを使い過ぎてしまったので、1回しか充電できなかったら正直危なかったと思います。

バッテリーは常に満タンの状態で持っておくことが大事。

持ってない方はこの機会に購入して、すでに持っている方も、充電状態を確認して、いざという時に備えておきましょう!

最後に

防災グッズは、普段から備えているからこそ、いざという時に効果を発揮します。

(コロナウィルスが流行った時、最も必要なマスクがすぐ売り切れてしまったように。)

私は、自身が被災した経験から、他の人より少しだけ防災意識が強いです。

そんな自分の知識や経験が、これを読んだあなたに、少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー/心理カウンセラー。
それだけだと食べていけないので、
飲食店で配膳バイトもしています。
元は技術系会社の社員。
仕事で病みカウンセリングに救われ、カウンセリングを学ぶ。
セミナージプシー経験者。

目次
閉じる