MENU
アーカイブ
ブログ移行作業中です

「今、この人はそう考えているんだなぁ」

何かしらの情報、

特に、客観的なデータではなくて
誰かが発する考えに接したときは、
「今、この人はそう考えているんだなぁ」
そう思いながら読む。聞く。

私自身は割と
信じた相手の意見を
マルッと飲み込みがちで、

それに助けられたことも
たくさんある。

だから、
信じた相手の意見を
マルッと受け入れることを
否定するつもりはない。

だけど、
心のことを知って、
カウンセリングのことを知って、
ちょいとスピのことも知って、
7年以上になった今、

同じ人でも、
発する内容が
変わっていることを
何度も目にしてきた。

そして、
私自身も昔と今で
モノの見方も捉え方も
ずいぶん変わっていて、
発する言葉に違いが出ている。

だから、

人の話を聞くときは、
「今、この人はそう考えているんだなぁ」
そう思いながら聞いて、

「じゃあ、自分はどう思う?どう考える?」
と自分の心の声も確認する。

そして、自分が納得した上で動く

「誰か」の言葉を鵜呑みにして
その通りに行動したとして、

望んでいたことと違う結果になっても
その「誰か」は責任をとってはくれない。

その「誰か」の言葉を信じて動く、
と決めた自分に責任があるからだ。

誰かの意見を聞いたとき、
立ち止まって
自分で考えてみることは、
自分の思いを確認することは、

回数を経る毎に
自分の人生を創るチカラとして
身についていく。

少なくとも、
私は“”そう信じている。

なんだかお堅い話になったので、
ピザトーストをどうぞ( ´・ω・)⊃

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次