MENU
アーカイブ
ブログ移行作業中です

「何もされなかった」という経験が心の傷になることもある

当ページのリンクには広告が含まれています。

おかげさまで、
たくさんの方に読んでいたこの記事。

あわせて読みたい
恋愛に悩んでいた、4年前の私へ。 アメブロが4年前の記事をリマインドしてくれました。 https://chika8.com/consider-self-blame-in-love/ 2024年にアメブロからWordPressに引っ越しました。 この時は、...

この中で、

「私に彼氏がいないのは、
私が〇〇だからだ」って、

〇〇に当てはまる言葉を見つけては、
自分の魅力のなさに結びつけてたんだな〜

ということを書きました。

今日は、じゃあ、

私は一体どこで
「自分には魅力がない」という
前提を持った(勘違いをした)のか?

というお話です。

それが分かったのは、

先のブログで紹介した
斎藤芳乃さんの講演会?体験会?
でのこと。

そこで衝撃を受けたのが
「何もされなかった」という経験も
心に傷をつけることがある
ということでした。

私の場合、

小さい頃、
周りの女子たちは男子に
からかわれているのに、
自分はスルーされた。

女子のスカートめくり
しまくってる男子が
自分のところには来なかった。

そんな経験から、
自分がちょっかいをかけられないのは、

「自分には魅力がない」
「自分に興味を持つ男性なんていない」

からだ。

ということにしてしまった。

それは大人になってからも、

  • 周りの女性には
    恋愛の話題が振られるのに、
    私には誰も聞いてこない。
  • 女子会のあるある話で
    「痴漢にあったことがある」という話が出て
    私だけそんな経験をしたことがなかった。
  • 痴漢は許されない犯罪だし
    遭わない方が絶対にいい!!

というような場面に何度か出くわすうち、
「私には女性としての魅力がない
(から、何もされないんだ)」

という思い込みを強化していったのでした。

そして、
「私には女性としての魅力がない」
と自分で自分のことを“決めて”いると、

それが自ずと仕草や行動に出て、

ますます
周囲から女性として扱われなくなるという
悪循環…。

同じような誰かの参考になれば幸いです。

チカでした♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや心理系、自己啓発に500万円以上使った人。

目次