MENU
アーカイブ
ブログ移行作業中です

彼氏に怒ってもいい!!㌦ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!

当ページのリンクには広告が含まれています。

彼氏に怒ってもいい。

自分の思いをなかったことにしたり、
自分の思いを我慢して抑えたりしなくていい。

自分の素直な思いをぶつけて
それを受け止めきれないようなヤツなら、
そんな男、私の人生にはいらない!

↑これが、
私が彼と付き合い始めるのに際して、
自分に約束したこと。

 それは
「私は何があっても私のことを大切にする!」
という自分への誓いから派生した思い。

そして今回、それが試されることに、、、笑

本日(土曜日)は
彼くんと2週間ぶりのデートでした。

今日デートする話は
2日前の木曜日に出ていて、

時間と場所については、
「お店探してみます。
また明日(金曜日に)連絡しますね」
と彼くん。

ところがどっこい。

金曜日(デート前日)になっても
連絡来・な・い!!

しびれを切らして
こちらから時間を提案。

お店も気になった所を
いくつかピックアップしてLINEしました。

それでも、返信来・な・い!!

結局、日付が変わった後に、
誤字だらけで「時間了解しました。」
の返信が来ただけでした。

返信が来ない間、
「彼に何かあったんじゃ!?」
ってめっちゃ心配したし、
連絡するって約束も破られて
ムカムカムカムカ…(# ゚Д゚) 

こう見えても一応、
心のことかじってるんで、

自分のムカムカが
彼のことが好きだからこそ
起こる感情であることや、

「連絡来ない→自分が大事にされてない」
って勝手に結びつけて、

自分が勝手に
不安を感じてるってことも分かってる。

分かってる、け・れ・ど・も!!

そんなこと知ったこっちゃない!!
キーーーッヾ(*`Д´*)ノ”

彼と付き合うにあたって

「私は私の感情を素直に認める、
そして出す!!」

と心に決めたことを実行に移しました。

本日のデートの冒頭、

「昨日飲み会で酔ってて
返信遅れてすみません(;´Д`A」

と平謝りする彼に対して

「ホントだよ!!
返信来なくてめっちゃ心配したし!!
一通り怒らんと気が済まん!!」
と、ほっぺたをうにぃーっとつねりながら
怒りをぶつけました。㌦ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!

彼は「ホントすみません(;´Д`A」と言いながら、

待ち合わせまでに調べてきたであろう
美味しいと評判の
中華料理屋さんでのランチを提案し
(私が以前「最近中華食べてない」
と言っていたのを考慮していた)、
私もそれに納得。

o(`ω´*)oプンスカプンスカ!! したまま
彼について行き、
入店、注文。

結果、怒りを出し切って

美味しい中華料理を堪能する頃には
ほとんど気が収まり、

その後のデートは
普通に楽しむことができました(●´ω`●)ゞ

なんなら、
二人の今後についても一歩進んだ話もできて、
大満足な結果になりました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


人によっては↑の出来事は
なんてことないのかもしれない。

でも、私は元々怒ることが苦手。

相手に不快な思いをさせるんじゃないかな
相手から嫌われるんじゃないかな
ということが怖くて、

その場の楽しい空気を壊して怒るって
自分が悪い奴になるようで嫌で、

怒るような場面も
笑って誤魔化すことが常でした。

でも、昨年、会社を辞める時に
「自分だけは自分のことを大事にする!!」
と決めて、

15年ぶりに彼氏ができた時も、

「等身大の自分で彼と向き合う!
それで彼が嫌ってくるのであれば
そんな男は私に合わない!」

と腹を括って、

今日初めて彼にがっつり怒ったんですね。

怖いけれど、
それが自分のしたいことだったから。

最初こそ怖かったけれど、

実際に怒って体感したことは、

彼のちゃんと謝れる誠実さや
怒ってる私も受け入れる度量。

「私、怒ってもいいんだ。」
という自分への許しと

「あ、怒っても大丈夫なんだ」
という世界への安心感でした。


  • 怒るのを我慢してしまう
  • 本当は嫌なのに笑って誤魔化しまう

そんな昔の私みたいな人がいたら、

ぜひ、
自分の本音を
自分で受け止めてあげて下さい。

最初は表に出せなくてもいいんです。

自分の本音をキャッチできるようになると、
そのうち表に出す機会も出てくるので、笑

その結果、
相手がどう反応するかは分かりません。

ただ、
「怒っちゃいけない」
という自分にかけた呪いから、
ひとつ自由になれることは確実です(๑˃̵ᴗ˂̵)

チカでした♪


もちろん今日のデート代は全部彼持ちニヤリキラキラ

スタバの新作「ムース フォーム ラテ」美味しかったですラブラブ

{4C4ADB58-0525-488A-80B1-EFE5BB6F0287}
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スピリチュアルや心理系、自己啓発に500万円以上使った人。

目次