MENU
アーカイブ

【怪しい?】思考の学校/講座を受けた感想と1年後の状況

2019年1月、私は「思考の学校」のミニ講座&基礎講座を受講しました。

この記事では、

  • 「思考の学校」とは何か?私なりに説明
  • 実際に講座を受講してみた感想
  • どんな人におすすめか
  • 追記:講座を受講して1年後の状況

について書きました。

目次

思考の学校とは?

「思考の学校」は、

  • 「思考が現実化する」しくみ
  • 人生をより楽しく豊かにするための、「思考が現実化する」しくみの使い方

を教えている団体です。


正式名称が「一般社団法人 思考の学校」と、

よく聞く「株式会社」とは違う法人の形となっています。

一般社団法人というのは、「営利目的ではない団体ですよ」ということらしいです。

(実際には利益は得られる。ただ、その利益を株みたいに分配することはできない)

私も法人の違いについて詳しくないので、

参考になりそうなサイトのURLを

置いておきます、笑

協会のはじめて
一般社団法人と株式会社の4つの違いを徹底解説 一般社団法人と株式会社は、いくつかの異なるポイントがあります。 主には費用や出資金など、お金に関わる違いが多いですが、その法人に成り立ちを比べてみると、本質的に...

「思考の学校」を作ったのは、校長(代表理事)の大石洋子さん。

元々は彼女自身が悩み多き人生だったところ、

「思考が現実化する」という考え方に出会い、実践して人生が好転。

それを周りの人に説明していくところから発展して

「思考の学校」の設立に至ったそうです。

私は、かつて、

パートナーとの関係、仕事での人間関係、お金のこと、子育てのこと。。
あらゆることに困っていて、ストレスいっぱいの人でした。

そんなとき、『思考が現実化する』ということが書いてある本に出会い、
夢中になって自分の思考を探求していった結果、あらゆる悩みがどんどん解決していきました。

この思考が現実化するしくみを、多くの人に知ってもらいたい。という思いから周りの人達に説明していったところ、多くの人たちの人生が劇的に好転していったのです。

そして、人生を激変させたみなさんの応援により、2016年の7月7日、一般社団法人 思考の学校 を設立させていただきました。

思考の学校とは?より抜粋

「思考が現実化する」ってどういうこと?

「思考の学校」では、思考が現実化する仕組み」を教えています。

ですが、そもそも「思考が現実化する」とは、どういうことなのでしょうか??


さっくり説明すると、「思考が現実化する」というのはこんな感じです。


最初に、

私たちが今目の前にしている現実は、私たちが選択して行動した結果である。

このことは分かりますよね??


中には、

「いやいや、自分で選択したわけではなくて、

親(上司、子供、などなど)のせいで仕方なく、この現実化なんです!」

という人もいるかもしれません。


それでも、

その人や出来事に出会った結果、

今の状況で生きることを選択し続けているのは、

本人以外にありえません。


そして、

それらの選択、行動の

基になっているのが「思考」です。

この「思考」ですが、

私たちを自分の望む方向に行かせてくれるのと同時に、

望む方向に行かせてくれないブレーキになることもあります。


例えば、

  • ダイエットをしようとするけど、食べすぎるのをやめられない。運動が続かない。

というような状況、ありませんか??


これは、

「痩せたい」という思考(顕在意識)

「お腹いっぱい食べたい」「運動したくない」という思考(潜在意識)

が両方ある状態です。


要は、

アクセル:「痩せたい」という思考(顕在意識)

ブレーキ:「おなかいっぱい食べたい」「運動したくない」という思考(潜在意識)

を同時に踏んでいる状態です。


そして、

「食べすぎをやめられない」

「運動できない」

という現実になっている通り、

強いのはブレーキ “潜在意識” の方なんですね。

以上のような形で、

「思考」が元になって

私たちは選択、行動しています。


ただ、「潜在意識」はその名の通り

私たちが意識していないことが多く、

私たちは「何がブレーキになっているのか?」を

自覚しにくい状態となっています。


そのため、

「〇〇したいけど、できない」

という悩み、問題があっても、

どうしたらいいか分からないまま

不満や我慢を抱えたまま生きる。

という選択をしている人が多いわけです。


その解決方法も「思考」にあるのなら、

知りたいって思いませんか??

(というか、

私がめっちゃそう思いました、笑)

友人の変化

かく言う私も、

友人から初めて

「思考の学校」の話を聞いた時、

最初は

「なんだか怪しそうだなぁ」

「ホントに効果あるのかなぁ」

と思っていました。

ところが、

その「思考の学校」の講座を受けた友人に

  • 新しく彼氏ができて恋愛を楽しんでいる
  • ダイエットに成功した

という変化が起こり、

これは本当に効果があるのかも…??

と思い始めました。

その友人(女性)とは

4年くらいの付き合いになるのですが、

恋愛がうまくいかない

(出会いはある、

彼氏もできていたけれど、

不安や不満を抱えていることが多かった)

時期をずっと横で見てきたので、

この変化にとても驚きました。

また、

よく一緒に美味しいものを

食べに行く関係でもあったので、

彼女がダイエットを始めて

2ヶ月で数キロ痩せたという話を聞いて

さらにびっくり!

私もダイエット頑張ろう!

と火をつけられました。

(このブログにあるダイエット記事は、

そうしてできたものです、笑)

これら友人の変化を見て、

私も「思考の学校」に興味を持ったところに、

彼女が講師養成講座を受けて

思考の学校の講師になったという話を聞いて、

「ぜひに!」と

講座を受けてみたのでした。

「思考の学校」の講座を受けてみた!

「思考の学校」には、

  • ミニ講座
  • 基礎講座
  • 3ヶ月講座
  • (講師養成講座)

があります。

2019年1月現在、

校長の大石洋子さんが開催しているのは

講師養成講座のみで、

他の講座は認定講師の方が

行っているそうです。

詳しい内容と金額、開催スケジュールについては、

本家のサイトの方が分かりやすいと思うので、

リンクを置いておきますね。

講座一覧

これらのうち、

私が受講したのは

ミニ講座と基礎講座です。

ミニ講座

ミニ講座は、

1時間半〜2時間くらいの講座で

  • 「思考が現実化する」しくみの概略
  • 自分の悩みの原因

を知ることができました。

ガッツリ知りたがりの私には

ちょっぴり物足りなかったですが、

  • 「思考が現実化する」という考え方に初めて触れる人
  • 「思考の学校」に興味があるので試してみたい人

にオススメです。

基礎講座

基礎講座は

約3時間くらいの講座で

テキストを基に行われました。

ここでは、

  • 「思考が現実化する」しくみの詳細
  • しくみをうまく使えると、日常にどんな変化が起こるか

を学ぶことができました。

また、テキストに書き込むワークをしながら

  • 実際に自分が持っている思考
  • 「思考が現実化する」しくみの日常生活での活用方法

を知ることができました。

基礎講座は、

  • 現在進行形の悩みがある人
  • 「思考が現実化する」しくみを詳しく知りたい人
  • 人生をより楽しく自由にいきたい人

にオススメです。

3ヶ月講座

私自身は3ヶ月講座を受講していないので、

詳細はわからないのですが、

ひとつ言えることがあります。

これは別のセミナーで

私が体験したことなのですが、

ミニ講座や基礎講座のように1日のコースだと

  • 学んだだけで満足してしまう
  • 3日坊主になって、日常生活に落とし込みきれない

ということが起こりがち。

3ヶ月講座は、

3ヶ月という期間を使って、

講師のサポートを受けながら

  • 「思考が現実化する」しくみが腑に落ちる
  • 日常生活での応用を習慣化する

ことを身につけることができます。

新しいことを学ぶ際は、

何かのスポーツや楽器を学ぶ時もそうですが、

最初のうちは集中して取り組んだ方が

感覚を身につけて覚えやすくなります。

「どうせ取り組むなら、がっつり身につけたい!!」

という人に3ヶ月講座は合うはずです。

どんな人にオススメ?

最後に、

「思考の学校」が

どんな人にオススメか、

逆にどんな人にオススメしないか、

私の独断と偏見で書いていきます、笑

オススメの人

  • 「思考が現実化する」しくみを使って、人生を切り開いていきたい人
  • 同じような悩みを何回も繰り返していて、もうやめたい!と思っている人
  • 引き寄せの法則をもっと日常に活かしたいと思っている人
  • 目標に最短距離で向かいたい人

オススメしない人

  • 悩みの原因が自分にあると思いたくない人
  • 「思考が現実化する」と聞いただけで胡散臭く感じる人
  • 自己啓発系(やスピ系)が苦手な人
  • 気分のゆらぎや体のリズムといった女性性を大切にしたい人(後述の「1年後の状況」に詳細を書いています。)

「思考の学校」の講座で教わることは、

誰でもできる内容です。

ただ、

「思考が現実化する」しくみを使うには、

自分の思考を見ていく作業が欠かせません。

その過程では、

自分がこれまで見てこなかった

自分の一面と向き合うことになるので、

人によっては、痛みを伴ったり、

悶絶するくらい恥ずかしくなったりします。

(私も自分のめっちゃ恥ずかしい一面を知りました^^;)

なので、「思考の学校」の講座は

人によって合う合わないがあると思います。

ただ、私自身は、

とても分かりやすくてパワフルなツールだと

感じているので、

興味を持った方は、

ぜひ試してみてほしいなと思います♪

[voice icon=”https://chika8.com/wp-content/uploads/2020/05/chika8dame.png” name=”チカ” type=”l”]

→後の追記にも書いていますが、

思考の学校の講座で望んだことが

1年後、全く進展がなかったので

何とも言えなくなりました。。。

[/voice]

追記:「思考の学校」基礎講座を受けてから1年後の状況

受講した時には、

「これはすごい!!」と思っていた

「思考の学校」ですが、

今は少し考えが変わりました。

理由は主に2つ

  • 認定講師になった友人が苦しんでいき、認定講師を辞めた
  • 講座の中で書き出した「こうなったらいいな」が叶わなかった

以降、詳細を書いていきます。

認定講師になった友人が苦しんでいき、認定講師をやめた

「思考の学校」のおかげで

恋愛やダイエットが順調だった友人ですが、

その後も話を聞いていくと、

「思考の学校」の考え方に

徐々にしんどさを覚えていました。

友人はどちらかと言うと、

女性らしく感情が豊かで、

気分にもゆらぎがあるタイプ。

ですが、

「思考の学校」では

「現実が思い通りでないのは、

 自分が良くない思考をしているから」

という捉え方をします。

この「思考の学校」の考え方によって

友人は、

たまたま凹むことがあったりしても

「これは自分の思考が良くないからだ」、

たまたま気分が落ち込むことがあっても

「良くない思考をしてしまった」

と考えることになり、

しんどくなっていました。

そのしんどさがどんどん積み重なって、

最終的に認定講師を辞めました。

その様子をずっと横で見てきて、

「思考の学校」の考え方は

諸刃の剣なのかもしれないと

思うようになりました。

ちなみに、

認定講師を辞めた友人は、

それ以降

「わたしはわたし」と

凹むことがあることも

気分のゆらぎがあることも

自分の個性として受け入れ、

今は穏やかに過ごしています。

2020年4月の校長のブログに
“乳がんになったことにより「自分は女性としての価値がない」という悩みに向き合った”
と書かれているので、今後「思考の学校」にも変化があるかもです。

講座の中で書き出した「こうなったらいいな」が叶わなかった

私が受けた基礎講座では、

「心から望むことを素直に現実化させることができる方法」

を教えてくれるのですが、

結果、当時願ったことは

1年経った今も現実化していません、笑

ねなしねこ
学んだことを日常生活に落とし込めなかったからかもしれませんが…

なので、受けた当初は

パワフルなツールだ!!と思っていましたが、

それで結果が出るかどうかは、個人にもよると言うか、

また別問題なのかな、と言うのが今の印象です。

(今は講師を辞めた友人も、一時は効果ありましたしね。)

そして、これはどのセミナーにも言えることなのかもしれません。

まとめ

…と言うことで、

「思考の学校」の講座を受講してみた感想と、

その後の状況について書いてみました。

イチ体験談として参考になれば幸いです。

今は講師を辞めてしまった友人も

「思考の学校」に助けられた時期もあるので、

「思考の学校」が合う合わないは、

個人のその時の状況によるものだと思います。

この記事を読んで、

「それでもやっぱり気になる!」と言う方は

受けてみることで、何か変化があるかもしれません。

そこは、自分の感覚・思いを信じてみてくださいね。

ねなしねこ
もし後で失敗したと思っても、自分を信じて動いてみた経験と結果は、あなたの糧になるハズ!

「思考の学校」のサイト

https://shikounogakkou.com

校長:大石洋子さんのブログ

https://ameblo.jp/ariettyarietty/

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー/心理カウンセラー。
それだけだとまだ不安定なのでバイトと兼業。
元は技術系の会社員。
仕事で病んだことがきっかけで、
自己啓発・心理学・スピリチュアルの
本やセミナーに数百万円溶かした経験あり。
最終的に某民間カウンセリングで回復し、
自身もそのカウンセリングを学びました。

目次
閉じる